ウイジェット ラベルの徹底的検証 ③

傘寿で始めたPython ですが毎日少しずつ進歩しております(その積り)。 でも覚えるより忘れる方が多いような気もします。
そこで、アプリを作るときにすぐ取り出せるように、ここに基礎的なウイジェットの使い方を纏めておきます。

過去の稿(ここです)も参考にされると良いかともいます。

****************************************

① ウインドーとラベルの設定

 
“”” 注意
・開発環境は、W10x64, Python 3.7
・codeは半角英文字のこと、”か” ”で囲えば文字列として認識される
・変数名には原則半角英数字だが、日本語でも変数・関数の名前として認識してくれる
“””

#① ウインドーとラベルの設定
 
import tkinter as tk # tkinterと書く代わりにtkと短く書ける

root = tk.Tk()
root.title(‘基本ウイジェット’)
root.geometry(‘500×400+150+250’) #500x400pixはウインドーサイズ、150+250pixはモニター上の位置を表す

#ラベルへの書込みは一列でも、区切って書いてもOKです。
#またラベルの配置はpack()は配置場所の書き方が複雑なので、place()で絶対的場所を指定するのが書き易いです。

text_1 = ‘初めてのPython’
label_1 = tk.Label(root, text=text_1, font=(“Helevetica”, 12, “bold”), bg=”red”).pack()

label_2 = tk.Label(root,
  text=”ラベルの使い方”,
  font=(“Helevetica”, 18, “italic”),
  bg=”yellow”)
label_2.place(x=150, y= 100) #xは端から150pix右へ、またやは上から10pix下へ下がった位置を示しています(ラベルの左端の位置です)
 
# 変数名には使用する関数に関した名前を付けますが、例えばラベルでしたらlabel1, lbl1とか書きますが読み間違いを避けるため、僕はlabel_1と言うような書き方をしております。 lと1は見分けがつきませんので。

root.mainloop()  # ここまでのcode(プログラム)の次の指示を待っています(ぐるぐる回ってる感じです)
 
                                                                                                                                
 
 
上のcodeでrunするとこの図になる
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

———————————————————————-

 

② 文字サイズ、形式、文字色、背景色などの指定

 
import tkinter as tk
 
root = tk.Tk()
root.title(“色・縁の設定”)

labelExample1 = tk.Label(root,
    borderwidth=1,
    width=40,
    bg=”grey”,
    fg=”white”,
    relief=”raised”,
    text=”raised & borderwidth=1″)

labelExample2 = tk.Label(root,
    borderwidth=2,
    width=40,
    bg=”indianred”,
    fg=”darkblue”,
    relief=”ridge”,
    text=”ridge & borderwidth=2″)

labelExample3 = tk.Label(root,
    borderwidth=3,
    width=40,
    bg=”lightyellow”,
    fg=”crimson”,
    relief=”sunken”,
    text=”sunken & borderwidth=3″)

labelExample4 = tk.Label(root,
    borderwidth=4,
    width=40,
    bg=”lightgreen”,
    fg=”purple”,
    relief=”flat”,
    text=”flat & borderwidth=4″)

labelExample5 = tk.Label(root,
    borderwidth=5,
    width=40,
    bg=”violet”,
    fg=”navy”,
    relief=”groove”,
    text=”groove & borderwidth=5″)

labelExample6 = tk.Label(root,
    borderwidth=6,
    width=40,
    bg=”pink”,
    fg=”darkcyan”,
    relief=”ridge”,
    text=”solid & borderwidth=6″)

labelExample1.grid(column=0, row=0, padx=10, pady=10)
labelExample2.grid(column=0, row=1, padx=10, pady=10)
labelExample3.grid(column=0, row=2, padx=10, pady=10)
labelExample4.grid(column=0, row=3, padx=10, pady=10)
labelExample5.grid(column=0, row=4, padx=10, pady=10)
labelExample6.grid(column=0, row=5, padx=10, pady=10)

root.mainloop()

 

・この図でfontのサイズ・色関係が分かるのではないでしょうか?

———————————————————————

 

③ ラベル位置をpack()で決める場合

# ラベル
import tkinter

root=tkinter.Tk()

label1 = tkinter.Label(text=”ラベル1”, bg=”lightyellow”)
label1.pack()   # 何も指定しないと、中央から張り付く

# ラベル、 ウインドーの上中下に配置する
label1 = tkinter.Label(text=”ラベル2″, bg=”lightblue”)
label1.pack(side=tkinter.LEFT)   # TOP,LEFT,RIGHT,BOTTOMで配置決める

# ラベル
label1 = tkinter.Label(text=”ラベル3″, bg=”purple”)
label1.pack(anchor=tkinter.E)
# E,W,S,N(東,西,南,北)で配置決めるが、ウインドー一杯に広がるのでフレーム使用が良い

root.mainloop()
 

 

 

 

 

 

 

Python別館
Python別館 目次

・Pythonで作成したアプリ関連の記事は「Python別館」に、・widgetやその使用方法・それ …

Python小学館
画像表示の基本設定

# canvasとラベルへのpng画像の表示設定# Tak-2-2-list4a.py 10/22/ …

Python小学館
リストから飛び飛びにデータを取得する

リストや辞書からデータを 飛び飛びに取り出したい時に便利な関数# 偶数のみ取り出す filter、l …