エラー対策1

codeを書いていると必ずエラーが発生します。 むしろエラーが出ないプログラムなんて見たことありません。

エラーは意識している場合と原因不明の場合がありますので、事前にそれらを知っておくと対応も迅速にできます。

エラー発生時には、発生が起きた行番号と理由が表示されますのである適度は即対応がかのうです。

順不同ですがその辺を書いておきます。殆どの場合、エラー表示の英文で理由は容易にわかります。

・NameError:初期化されていない変数を使った場合、importせずにモジュールを使った場合
・ZeroDivisionError:ゼロである値を割った場合
・IndexError:何も入っていないリストを指定した場合
・FileNotFoundError:ファイルが見つからない場合
・SyntaxError、Invalid syntax:文法エラー、括弧()やコロン:が足りない、全角を使用した場合などのエラー。一番多い例(自分のこと)
・Unexpected Indent:インデントが正しくない場合、ここのcodeをコピペしたら必ず発生するエラー!
・TypeError:異なる型のオブジェクトの加減乗除、例えば10+”abc”など
・KeyError: キーが辞書または辞書サブクラスで見つからないために発生します


続く

 

 

 

 

 

 

Python小学館
リストのデータを合算する(ブラックジャックに使用する)

トランプのブラックジャック(BJ)を作るための準備として、点数計算用の関数を作ります。BJはdeal …

Python別館
Python検定試験準備 Q37

Python検定試験と云うのがあるらしいと別項に上げましたが、学習して損することは無いので始めて見ま …

Python小学館
リストボックスから選択する

アプリを作るときによくリストボックスから選択したい場合がよく有ります。 忘れがちなのでここ …