カメラ寺子屋 被写体の明るさを知ろう ⑦

⑥ 光景別の明るさ

  被写体別の観点からEV表を見てみましょう。

  今日は梅雨ですので雨曇りですね、表の「雨曇り」を見ると9種類の組み合わせが見えます。

  例1) あなたは風景を撮りたいと思っていますので(青い矢印);
     ・ピントは全体に来るようにしたいな—>F=11、T=1/30、ISO=100

  例2) 今度はあなたは雨に濡れる花を撮りたいと思っていますので(橙の矢印);
     ・ピントは花に来るようにし、背景をぼかしたいな—>F=2.8、T=1/250、ISO=100

  もっと明るくとか暗くしたいときは、F/T/ISOで簡単に調整できますね。

 このような考え方で行けば、カメラのオートを使う必要はありません(カメラはそこまでやってくれませんが)。

 

 

 

 

 

 

 

⑦ 明るさのまとめ ここまでで言いたかったこと

 ・まず被写体の明るさを知り
 ・次にその明るさに合うカメラの設定を
   「絞り」、「シャッター速度」、「ISO」
  の組み合わせで設定しよう

 ということです。

次回からは少し具体的な話になります。 

 

 

カメラ別館
ストリートスナップ 9/22

今日も来ましたいつもの公園 ① 末っ子・広角レンズで我が家の秘蔵っ子をアップ・すぐそばの池 …

カメラ別館
ストリートスナップ 9/20

どこにでもある光景。 ① 七日間の人生 旅出ちをした抜け殻に一筋の光が当たっていました。& …

カメラ別館
ストリートスナップ 9/17

いつでもどこでも被写体はあります、その気になって探せば。① 対角線の収束点の店舗を少し明るくして、視 …