カレンダーを作る ②

復習を兼ねてカレンダーを作ってみましょう。

試しに原始的な方法で来月(8月)のカレンダーを作ります。

単にprint関数に日にちを書き込んだだけですので、次回で少しスマートな
やりかたを紹介します。

コードは下の様に非常に分かりやすいと言えますが、実践では使えません。

 

#calendar1.py 7/31/2019

print(“Calendar of Augst 2019”)
print()

print(” Su Mo Tu We Th Fr Sa “)
print(”         1    2    3 “)
print(” 4  5    6  7   8    9  10 “)
print(” 11   12   13   14 15  16  17 “)
print(” 18  19   20  21  22  23 24 “)
print(” 25  26   27  28 29  30 31 “)

 

実行例

 

 

 

 

 

 

 

 

 ② Pythonには便利なカレンダー機能が有りました。

codeはこんなものでした。

import calendar
year=input(“欲しいカレンダーの年、月入れて下さい。 “)
year=int(year)
print(calendar.month(year, 2))

これをrunすると下記のようにその年月のカレンダーが表示されます。

“””
== RESTART: C:\Users\tak11\デスクトップ\calendar2.py ==

欲しいカレンダーの年、月入れて下さい。 2020

February 2020
Mo Tu We Th Fr Sa Su
        1   2
 3    4   5   6  7   8  9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

”””

・このカレンダーは月曜日~日曜日の並びになっていますが、
 普通は日曜日がその週のスタートになっているので、
 一寸違和感が有りますね。 日曜日スタートにしたい!

次は稿を改め、閏年を求めるプログラムを作ってみます。

 

 

 

 

Python別館
Python別館 目次

・Pythonで作成したアプリ関連の記事は「Python別館」に、・widgetやその使用方法・それ …

Python別館
難解のクラスを作る-1 (完)

オブジェクト指向言語には、良く分からないクラスと云うものが有ります。 いまネットやyoutubeでP …

Python別館
全手動で撮影する人の為のアプリ(完)

以前Pythonで「EV計算機を作る」を作ったことがありますが、今回は簡単にスクリプトでEV関係のク …