リストボックスから選択する

アプリを作るときによくリストボックスから選択したい場合がよく有ります。

 

忘れがちなのでここにupしておき、必要に応じてコピーします。

———————————————-

import tkinter as tk

root = tk.Tk()
root.title(“Listbox2Label”)
root.geometry(“200×300”)

# 表示用ラベル
label = tk.Label(text=”ここへ表示します”, bg=”lightblue”)
label.place(x=60, y=200)

listbox = tk.Listbox(root)
listbox.place(x=30, y=200)


def show_item(event):
    # リストクリック時に実行するメソッド
    item_index = listbox.curselection()
    label[“text”] = listbox.get(item_index)


list = [“正月”, “冬”, “春”, “夏”, “秋”]
for item in list:
    listbox.insert(tk.END, item)  # 先にある文字列の消去は不要
    listbox.pack()

listbox.bind(“<<ListboxSelect>>”, show_item)

root.mainloop()
 
このcodeをrunして、リストボックスから選択した季節が
下のラベルに表示されます。
 
 
 
Python別館
Python別館 目次

・Pythonで作成したアプリ関連の記事は「Python別館」に、・widgetやその使用方法・それ …

Python小学館
画像表示の基本設定

# canvasとラベルへのpng画像の表示設定# Tak-2-2-list4a.py 10/22/ …

Python小学館
リストから飛び飛びにデータを取得する

リストや辞書からデータを 飛び飛びに取り出したい時に便利な関数# 偶数のみ取り出す filter、l …