リストボックスから選択する

アプリを作るときによくリストボックスから選択したい場合がよく有ります。

 

忘れがちなのでここにupしておき、必要に応じてコピーします。

———————————————-

import tkinter as tk

root = tk.Tk()
root.title(“Listbox2Label”)
root.geometry(“200×300”)

# 表示用ラベル
label = tk.Label(text=”ここへ表示します”, bg=”lightblue”)
label.place(x=60, y=200)

listbox = tk.Listbox(root)
listbox.place(x=30, y=200)


def show_item(event):
    # リストクリック時に実行するメソッド
    item_index = listbox.curselection()
    label[“text”] = listbox.get(item_index)


list = [“正月”, “冬”, “春”, “夏”, “秋”]
for item in list:
    listbox.insert(tk.END, item)  # 先にある文字列の消去は不要
    listbox.pack()

listbox.bind(“<<ListboxSelect>>”, show_item)

root.mainloop()
 
このcodeをrunして、リストボックスから選択した季節が
下のラベルに表示されます。
 
 
 
Python小学館
リストのデータを合算する(ブラックジャックに使用する)

トランプのブラックジャック(BJ)を作るための準備として、点数計算用の関数を作ります。BJはdeal …

Python別館
Python検定試験準備 Q37

Python検定試験と云うのがあるらしいと別項に上げましたが、学習して損することは無いので始めて見ま …

Python小学館
ウイジェット ラベルの徹底的検証 ③

傘寿で始めたPython ですが毎日少しずつ進歩しております(その積り)。 でも覚えるより忘れる方が …