レタッチしてみました。

最近RAW撮りが推奨されているようです。僕はRAWで撮らないので、RAWの良さはまだ分かりません。

① そこでRAW+JPEGで撮り、撮って出しでの写真を比較してみました。

機材:フジフィルム X-T2



図左:ピクチュアモード ベルビア (JPEG撮って出し)

図右:Adobe社Lightroom6のCameraRAWで現像

この写真から言えることは、JPEGはレタッチしなくてもこのままでも良さそう。 少しコントラストが強いので、そこをレタッチするかもしれない。

一方、RAWの写真はこのままでは作品になりません。 当たり前ですよね、RAWはレタッチすることを前提に、JPGでやるような余計な装飾を出来るだけ付けない方式ですからね。


 

 ② RAW現像後レタッチ



写真上:CameraRawで現像したまま

写真下:CameraRawで現像後ライトルームでレタッチしました。
 ・コントラストを少し上げました(+11)
 ・広域の露出が高いので下げました(-83)
 ・シャドーを少し上げました(+32)
 ・自然な彩度を少しあげました(+26)
   そのせいか、少し空が青すぎるかもしれません。 彩度をいじらない方が自然に見えますが、メリハリが出ません。

次は同光景をJPEGでレタッチしてみます。

 

③ 続いてJPEGのレタッチ


写真上:JPEG撮って出し

写真下:ライトルームでレタッチ
 ・コントラストを下げました(-62)
 ・広域の露出が高いので下げました(-19)
 ・シャドーを上げました(+66)

このJPEG写真は、フィルムシミュレーションのベルビアモードなので、特に彩度、コントラストが高めのようです。

なので、初めからカメラの設定を彩度・コントラスを少し抑えておけば、レタッチが不要になるでしょうね。 
事実この機材を使っているプロは、殆ど撮ったままで作品にしていると聞いております。

 

④ RAWの良い点・弱い点

今回のことから読み取れたのは、RAWは写真の構成データを忠実に持っておりますが、そのままでは作品にはならないということです。

簡単に言うと、RAW写真はお出かけ前の「すっぴん」の状態と同じです。 逆に言うと、個性を出す前の素材ですので、あなた好みに仕上げて下さいと言うのがRAWだと思えばよいのです。 だから作品に仕上げるには、RAW現像でレタッチ(お化粧)する必要があるのです。

ところが、RAWで綺麗な写真にする為のレタッチが半端ないのです。 露出・コントラスト・ホワイトバンランス・色相・彩度・シャープさなどを自分で調整する必要があります。 そのためデータ量がJPEGと比べて比較にならないくらい多いので、メモリーもすぐ満杯になります。

私の場合(APS-C)だとRAWで50MB、JPEGで15MB位の写真サイズになります。

最終的にレタッチ後にJPEGに変換されますが、データの多いうちにレタッチされますから、JPGより有利です。 特にJPEGなら白飛び・黒潰れの可能性のある場面でも、RAWのうちなら救える可能性が多いです。

一方問題もあります。 RAWを現像するには、正式にはカメラメーカーの専用ソフトが必要ですが、普通はアドベ社のフォトショップかライトルームで現像・レタッチしているようです。 またしっかりレタッチするには色空間のマネージが必要ですのでパソコン・モニター・プリンターの使用スキルが必要です。 

また各カメラメーカーは自社の画質への思いをRAWに込めておりますので、それを表現するにはそのメーカーのRAW現像ソフトが最適なのです。 でもレタッチ機能の性能や使い易さは、やはりフォトショップ・ライトルームには敵いません。

それに対してJPEGの場合は、カメラが内部であなたのカメラ設定に従いJPEGに変換してくれておりますので、特にレタッチは必要ではありません。 

自分好みの印象にしたいときは、RAW撮りの方が有利ですがJPEGでもそこそこレタッチは可能です(大伸ばししたらトーンジャンプなどが現れるかもしれませんが)。


早くRAWでレタッチしたくなるような写真を撮りたいものです。 それまではJPEGでレタッチの練習をします。

以上が比較テストの結果でした。

カメラ別館
カメラ別館 目次

2020年・カワセミに魅せられた人々・鎮魂の池・雨の七月・鳩ノ巣渓谷・柿田川風情・厳島湿原・足元の草 …

カメラ別館
鎮魂の池

近くの花寺の蓮池に出かけました。 観音様が蓮の花を見ている光景などをみると、少し心が落ち着きますね。 …

カメラ別館
雨の七月

前の季節 ① 黄金虫の食事 頭が角ばってるのでコガネムみたいです。  ② アオガ …