写真寺子屋 個性的な写真を撮るために ⑤

① 自分流の写真を撮るために

良い写真の目安として、明るさ・ピント・構図が大事であると言われることが多いです。

そしてこの「それぞれの項目は、カメラが決めるのではなく撮る人が決める」ということをご存知ですか。
オートで撮るということは、その作業をカメラに任せるということです。

 

今回はそのうちの明るさについてお話しします

我々の周りの明るさというは、学術的にある値を基準として決められいます。  

その明るさをEV、或いはEV値と言います。

我々が使いそうなところだけを書き出しますと次のようになっております。

明るさの目安  EV値
真夏のビーチ  EV16
快晴      EV15
晴れ      EV14
薄日      EV13
曇り      EV12
雨曇り     EV11
明るい部屋   EV9
暗い室内    EV4
日没後    EV1
薄明り    EV0

上の赤字の数字は覚えて下さい。数値は1~2位狂っても大勢に影響は有りません。

例えば、今日の雨がちの天候ならEV11となります。 

これだけ分かれば後は自分で絞り・シャッター速度・ISO値を決められます。 ここが個性のある写真を撮れるかどうかの境になります。

 

② 別のEV表を載せます。

  晴天の日を例にして説明します。ISOは100を基準としてます。
  

  ・右側の表から、晴天なのでEV値は14となりますね。 
  ・次に左の表の14(斜めに階段状になっている)を見て下さい。
  ・この14の青矢印の所を上と左へ辿ると、絞りは8 シャッター速度は1/250秒と出てきます。
   この数字をカメラに設定すれば、晴天時の設定値になります。
  ・EV14になる組み合わせは、表にもあるように複数あります。 どの組み合わせでも同じ明るさの設定になります。
  ・ここからが、あなたがどう撮りたいかで設定が変わるのです。 

 

 

 

 

 

③ まず絞りを幾つにしようか? 明るいからISO=100にしておきます。

  もうご存知と思いますが、絞りは解放(小さい数値)にすると、主役の前後がぼけます。
  だから、風景で後ろの方までピントが行くようにしたいなら、F=8~16にするとか、或いは
  花に寄って柔らく撮りたいならF=2~2.8位にします。 ここはカメラ・レンズによっても変わりますので、
  経験がものを言います。

  絞りを例えばパンフォーカス(全域ピント)にしたいのでF=11を選んだとしたなら、
  自動的にシャッター速度(T)は上のチャートより1/125秒となりますので、その数字に設定します。

 

  これを一回一回チャートを見てやってたのでは面倒ですので、快晴ならEV14、EV14なら自分の基準は
 
 F=8、T=1/250、ISO=100 これだけを覚えてしまいます。

  この自分の数値を標準にしてしまえば、例えば雨が降ってるからEV=11位かなと思いますよね、
  この数値はあなたの標準数より3段暗ので明るくしてやる必要があります。

  その場合の対応は三つあります。
  ・絞りを3段上げて、F=2.8とするか(光が3段分余計に入ってきます)。
  ・Tを3段遅くして、T=1/30秒とします(光を取り組み時間を3倍にしてやります)。
  ・絞り値やT値を変えると、ボケや手振れが心配になりますね、 その場合は
  ・ISOを3段上げて100->200->400->800と800にします。 ISOとはセンサーの出力を増幅する機能です。 
   理論上熱ノイズが発生しやすくなりますが、最近のカメラは800位なら全く問題ありません。

   或いは絞りを一段空けてF=5.6、Tを1段遅くしてT=1/125、ISOを2ooとしても、明るさは元のEV=11と変わりません。  ISOを1段増やしたらEVが1段明るくなりますから、FかTを明るさが1段減るように設定すればいいだけです。

 

④ 今日は明るい曇りです、カメラの設定をしましょう。 前回の復習です。

今の明るさに対する設定値を頭に思い浮かべましょう

・撮影の基本は、まず今の明るさはどれ位かということです。
・今日は明るい曇りですから、「EV13」ですね。
・明るさの基準を、「快晴はEV14。 EV14なら自分の基準はF=8、T=1/250、ISO=100」と覚えましたね。
 だから明るさがEV13なら、快晴より1段暗いのですから、FとTを1段変えてF=5.6にするか或いはT=1/125とすれば良いのでしたね。

 

⑤ どうするんだっけ?と忘れても全く問題ありません

・まずカメラにF=8、T=1/250、ISO=100と設定しましょう
この設定は快晴EV14のときの設定です)。
・次いでカメラのファインダーを覗いて見ましょう、明るすぎますか? 暗すぎますか?
 ん? 丁度いい明るさ? それならその設定でOKです。
・何故かというと、カメラの測光モード(スポット、中央重点、マルチなど)によってもEV1~2位は変わってしまいますので、
本当は自分が主役と決めてた被写体にスポット測光で明るさを図ってほしいのですが、取り合えずどのモードでも構いません。 
・またカメラはあなたがどんな明るさにしたいのかは分かりませんので、あなたがどうしたいかをカメラに指示してあげる必要があります。

マルチパターン測光 マルチパターン測光
中央部重点測光 中央部重点測光
スポット測光 スポット測光   <— これを使いましょう。

測光モードの詳細を勉強したい方はここ 


EVの計算機を作ってみました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラ別館
写真寺子屋 自分の絵を作るには

前項⑦で、「明るさのまとめ」として ・まず被写体の明るさを知り ・次にその明るさに合うカメラの設定を …

カメラ別館
花六題

観光地へ行けない分street snapとなります。① 合歓木 綺麗なところだけmacroでcatc …

PC別館
large photoがメディアにアップできない!

Word Pressを利用したこのサイトへ写真をアップする際、写真などをリソースholderへ一旦保 …