小さいサイズの写真でも、大判印刷できるようにする

普通は画素数を増やすことはできませんが、特別なソフトを使えば増やすことはできます。

その方法には下記のように色々な方法が考案されているようです。
・ニアレストネイバー:NearestNeighbor(最近傍補間)
 存在しない画素を最も近くにある画素で補間する方法、画像品質は高くないが処理速度が速い


・バイリニア/バイリニア(高):Bilinear(双一次補間)/HighQualityBilinear(高品質双一次補間)
 周囲の4ピクセルから、線形あるいは3次元関数を用いて補間する方法


・バイキュービック/バイキュービック(高):Bicubic(双三次補間)/HighQualityBicubic(高品質双三次補間)
 周囲の点を含めた16ピクセルから、線形あるいは3次元関数を用いて補間する方法


バイキュービック(超):HighQualityBicubic(高品質双三次補間)の特殊処理
 補間方法はバイキュービック(高)と同じですが、バイキュービックでは上記説明の通り周囲の点を含めた16ピクセルから保管する為、画像端1ピクセルが色落ちすることがあります。それをなくすように特殊処理を行います。
その為、元画像が大きい場合は処理にかなり時間がかかる場合があります。

今回は無料ソフト(Ralpha Image Resizer)を使って、半切印刷にも耐えられるかどうか画素数を増やしてみました。
  ---> https://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se487522.html

 

① 元の写真
  1833x1414=260万画素, fileサイズ 1.16MB

  印刷屋さんのプリンターの解像度を300とすると、155mmx120mmとなり精々2Lサイズしか印刷で来ません。

 

② 4倍に画素数を増やした場合 
  7532x5648=4,250万画素, fileサイズ 4.4MB
  印刷屋さんのプリンターの解像度を300とすると、638mmx478mmとなり全紙サイズでも印刷できそうです。

大きくても小さくても写真の見栄えは変わりませんが、これがその写真です。 

 

近所のキタムラへ出かけて、本当に半切などで拡大印刷できるかどうか確認してきました。

いろいろ拡大して画質を調べていた店長さんが言うには、「大丈夫できそうです」と言うことでした。

 

半切印刷するには結構の費用が掛かるので、後日機会があれば印刷してみます。

 

なんでも別館
神奈川県の主な公園など

写真撮影の参考に 神奈川県愛川町あいかわ公園八菅山いこいの森服部牧場厚木市あつぎこどもの森公園厚木中 …

カメラ別館
相模原公園 サカタ温室

相模原公園内のサカタ温室へヒスイカズラを見に行きました。時期が遅くこの一輪しか纏うなものは有りません …

カメラ別館
カメラ別館 目次 

2021年・相模原公園 サカタ温室・躑躅の時期が来ました・戸川公園(チューリップ)・相模原 せせらぎ …