数値のフォーマット

前稿で文字列のフォーマットについて書きましたが、数値も見やすくなるフォーマットを覚えましょう。

 

① 数値を3桁ずつのカンマを付ける

数値=1000000
print(‘{:,}’.format(数値)) #–>1,000,000

 

② 小数点以下はカンマをつけない(試しても付かない)

数値 = 1000000.12345
print(‘{:,}’.format(数値)) #–>1,000,000.12345

 

③ 小数点以下の桁数を決める

pi = 3.141592
print(‘{:.1f}’.format(pi)) #小数点以下1位  #–>3.1
print(‘{:.2f}’.format(pi)) #小数点以下2位    #–>3.14
print(‘{:.3f}’.format(pi)) #小数点以下3位    #–>3.142

 

④    formatメソッドより良い書きかた (Python3.6以降機能)
#formatメソッドを使った書きかたよりも、さらに簡潔なコードで負荷が少ない。

num = 123456.789
print(f'{num:,}’)     #位取り 123,456.789

最初からこれを見つけていれば、①~③は不要だった!

Python小学館
リストのデータを合算する(ブラックジャックに使用する)

トランプのブラックジャック(BJ)を作るための準備として、点数計算用の関数を作ります。BJはdeal …

Python別館
Python検定試験準備 Q37

Python検定試験と云うのがあるらしいと別項に上げましたが、学習して損することは無いので始めて見ま …

Python小学館
リストボックスから選択する

アプリを作るときによくリストボックスから選択したい場合がよく有ります。 忘れがちなのでここ …