数値のフォーマット

前稿で文字列のフォーマットについて書きましたが、数値も見やすくなるフォーマットを覚えましょう。

 

① 数値を3桁ずつのカンマを付ける

数値=1000000
print(‘{:,}’.format(数値)) #–>1,000,000

 

② 小数点以下はカンマをつけない(試しても付かない)

数値 = 1000000.12345
print(‘{:,}’.format(数値)) #–>1,000,000.12345

 

③ 小数点以下の桁数を決める

pi = 3.141592
print(‘{:.1f}’.format(pi)) #小数点以下1位  #–>3.1
print(‘{:.2f}’.format(pi)) #小数点以下2位    #–>3.14
print(‘{:.3f}’.format(pi)) #小数点以下3位    #–>3.142

 

④    formatメソッドより良い書きかた (Python3.6以降機能)
#formatメソッドを使った書きかたよりも、さらに簡潔なコードで負荷が少ない。

num = 123456.789
print(f'{num:,}’)     #位取り 123,456.789

最初からこれを見つけていれば、①~③は不要だった!

Python別館
Python別館 目次

・Pythonで作成したアプリ関連の記事は「Python別館」に、・widgetやその使用方法・それ …

Python小学館
画像表示の基本設定

# canvasとラベルへのpng画像の表示設定# Tak-2-2-list4a.py 10/22/ …

Python小学館
リストから飛び飛びにデータを取得する

リストや辞書からデータを 飛び飛びに取り出したい時に便利な関数# 偶数のみ取り出す filter、l …