数値のフォーマット

前稿で文字列のフォーマットについて書きましたが、数値も見やすくなるフォーマットを覚えましょう。

 

① 数値を3桁ずつのカンマを付ける

数値=1000000
print(‘{:,}’.format(数値)) #–>1,000,000

 

② 小数点以下はカンマをつけない(試しても付かない)

数値 = 1000000.12345
print(‘{:,}’.format(数値)) #–>1,000,000.12345

 

③ 小数点以下の桁数を決める

pi = 3.141592
print(‘{:.1f}’.format(pi)) #小数点以下1位  #–>3.1
print(‘{:.2f}’.format(pi)) #小数点以下2位    #–>3.14
print(‘{:.3f}’.format(pi)) #小数点以下3位    #–>3.142

 

④    formatメソッドより良い書きかた (Python3.6以降機能)
#formatメソッドを使った書きかたよりも、さらに簡潔なコードで負荷が少ない。

num = 123456.789
print(f'{num:,}’)     #位取り 123,456.789

最初からこれを見つけていれば、①~③は不要だった!

Python別館
listboxにスクロールバーを付ける

listboxを使用するのは簡単ですが、選択要素が増えるとスクロールボタンが必要になります。これが結 …

Python小学館
どのデータを呼び込むかをアプリ立ち上げ時に決める

どのデータを呼び込むか或いはそのデータ内のどこを使用するかなどを、アプリを動作させる前に選択できるよ …

Python別館
Python別館 目次

Pythonで作成したアプリ関連の記事は「Python別館」に、widgetやその使用方法・それを使 …