文字列のフォーマット

プログラムで文字列を抽出して表示する際に、読み易くフォーマットして表示する方法を述べます。

例えば成績表に生徒の名前、年齢、点数が記載されているとします。 そこから特定の生徒を抜き出して、格好良く表示するには次のようなフォーマットが有ります。

成績表には、name=”井上 一郎”、age=10、point=95と有りますので、”井上:, 年齢{},得点{}。”と表示させたいのです。

{}へ成績表の中の氏名name, age, pointが取り込まれて表示されるので、読み易くなります。

 

 

① 簡単な表示方法        

name=”井上 一郎”
age=10
point=95

上のデータは以下共通で使います。


print(“{}: 年齢{},得点{}。”.format(name, age, point)) —>井上 一郎: 年齢10,得点95。
print(“{}君は、年齢は{}才, 得点は{}点でした。”.format(name, age, point))—>井上 一郎君は、年齢は10才, 得点は95点でした。

 

②  Python3.6から次の式でも使えるようになった。
  このやり方が素直で分かり易いと思います。

text=f”{name}君,年齢{age}歳,得点{point}点でした。”
print(text) #–> 井上 一郎君,年齢10歳,得点95点でした。

 

引数の順番を指定してもよい
 簡潔に書くならこの方法。

評価表=”得点{2},{0},{1}歳”
評価文=評価表.format(name,age,point)
print(評価文) #–> 得点95,井上 一郎,10歳

 

埋めこみ引数をキーワード引数で指定する

評価表=”{name}君、年齢{age}、得点{point}でした。”
評価=評価表.format(name=”井上 一郎”, age=10, point=95)
print(評価) #–> 井上 一郎君、年齢10、得点95でした。

 

終わり

 

Python小学館
リストのデータを合算する(ブラックジャックに使用する)

トランプのブラックジャック(BJ)を作るための準備として、点数計算用の関数を作ります。BJはdeal …

Python別館
Python検定試験準備 Q37

Python検定試験と云うのがあるらしいと別項に上げましたが、学習して損することは無いので始めて見ま …

Python小学館
リストボックスから選択する

アプリを作るときによくリストボックスから選択したい場合がよく有ります。 忘れがちなのでここ …