日本遺産 大山

江戸庶民の信仰と行楽の地
~巨大な木太刀を担いで「大山詣(おおやままい)り」~

大山詣りは、鳶などの職人たちが巨大な木(き)太刀(だち)を江戸から担いで運び、
滝で身を清めてから奉納と山頂を目指すといった、他に例をみない庶民参拝である。

そうした姿は歌舞伎や浮世絵にとりあげられ、また手形が不要な小旅行であったことから
人々の興味関心を呼び起こし、江戸の人口が100万人の頃、年間20万人もの参拝者が訪れた。

大山詣りは、今も先導師たちにより脈々と引き継がれている。首都近郊に残る豊かな自然と
ふれあいながら歴史を巡り、山頂から眼下に広がる景色を目にしたとき、大山にあこがれた
先人の思いと満足を体感できる。 とサイトにはありました。

 

その近辺の光景を上げます。

 

❶ 右下にシルエットで見えるのがその大山、雲の形が良かった。

 

 

❷ その綺麗な夕暮れの空も、モノクロ表示すると恐ろしい形相を帯びます。

 

 

❸ オーロラか?

 

 

④ 森のアトリエと云う小さな公園の愁秋の光景。

 

 

❺ 昨年は無かった紅葉があちこちで見られます。

 

 

 

 

 

 

カメラ別館
厚木 森の里

つつじも終盤、もうすぐ初夏の香りがしてきます。 散歩の主 だるまさんがころんだ 緋鯉の逆立 …

カメラ別館
厚木つつじの丘公園

厚木森の里に隣接している「つつじの丘公園」は今が盛りです。            …

カメラ別館
かなガーデン

まだ薔薇には早すぎますが、家に閉じこもっておるのも飽きたので、久し振りにかなガーデンを訪れてみました …