関数の中身はどうなっているんだろう?

つまらないことに疑問を感じるときが良くあります。 Pythonの関数はとても便利ですが、時々この関数の中身(coding)はどうなっているのかなと調べてみました。

関数は入力を受け取り、それを加工して出力する、それが役目です。

 

① 数値の絶対値を得る関数 abs()

    x=abs(-3)
    print(x) —> 3と表示されますね。当たり前。

 これを関数を使わないと、次にようになります。

    x=-3
    if (x<0):
        x=x*(-1)
    print(x) —> 3と表示されます。

 簡単で分かり易いですね。

 

② 数値の比較の関数の中身
  x=3、y=-5 この場合の絶対値の大きさを比べてみましょう。

 先ず関数なら次のように書きます。
 x=abs(x)
 y=abs(y)
 print(x>y) —> falseと出ますので、yはxより小さくはないとなります。

 

 関数を使わない場合は;
 if(x<0):
        x=x*-1
    if(y<0):
        y=y*-1
    print(x>y) 

    関数を使った方が簡潔だし意味も分かり易いですね。

 と云うことですので、関数の中身を吟味することで、codingの学習にもなりますね。   

 

③ 自作関数を呼び出そう

自分のプログラム向けの関数があるとは限りません。

いっそ自分で作りましょう。

 

稿を改めて書きます。<— Click!

 


 

 

 

 

Python別館
Python別館 目次

・Pythonで作成したアプリ関連の記事は「Python別館」に、・widgetやその使用方法・それ …

Python小学館
画像表示の基本設定

# canvasとラベルへのpng画像の表示設定# Tak-2-2-list4a.py 10/22/ …

Python小学館
リストから飛び飛びにデータを取得する

リストや辞書からデータを 飛び飛びに取り出したい時に便利な関数# 偶数のみ取り出す filter、l …