PHPのためのXAMPP, WordPress導入

WordPress(つまりこのサイト)でもう少し自分流に変えたいなと思うことが有ります。 そういうことが出来るのがJavascriptだったりPHPなのです。 ソースコードを修正したらた即修正が有効になります。

そういう意味でPHPを勉強したくなりました。 例によって何でも独習です。

必要なのは;
・本代、bookoffの古い本で十分
・時間
・根気
だけです。 

理解できないところはwebで調べながら進めます。 PHPをカテゴリーに追加しました。

Bookoffで次の本を揃えました。
・いきなり始めるPHP    RIC社 2015年
・良く分かるPHPの教科書  マイナビ社 2014年
・WordPressユーザーのためのPHP入門 MdN社 2019年 これだけは最新の本
と入門書を揃えました。 実を云うと最初に二冊は昨年購入していたもので、積読でしたがやっと陽の目を見そうです。

① 大袈裟な言い方だけど開発環境を揃えます

WordPressサーバー上で使いたいので、自分のパソコンでWPが使える様にする必要が有ります。

そこでネットいろいろ探した結果、XAMPPというソフトを見つけました。

Wikipediaによると、XAMPPとはwebアプリの実行に必要なフリーソフトウェアをパッケージとしてまとめたもので、主として開発用あるいは学習用ではあるが、イントラネットなどにおいて実運用環境として使われることも ある、と出てました。

 

では早速MAMPPをダウンロードしてインストールしましょう。 その辺はここに詳しく出てますので、そこを参考にしましょう。

  https://www.webdesignleaves.com/pr/plugins/xampp_01.html 12/19/2019の最新版
  https://techacademy.jp/magazine/1722
  
ApacheとMySQLだけあればPHPの勉強はできますから、その他の設定はしなくても大丈夫のようです。
どうしても上手く行かない場合は、設定がおかしくなってますからXamppをuninstallしてやり直してください。 

これに従って上手くinstall出来ていれば、次のような画面が立ち上がります。 

 

 

 

 

 

 

でもそう簡単にこの設定は出来なかったです。 紆余曲折を経てネットという絶大な力を持った先生の力もお借りして三日位かかって設定完了できました。 

 

② WordPressをインストールする

  次のURLを参考にして下さい。
  https://www.nishi2002.com/23950.html

上のXAMPPのコントロールパネルが出ていれば、WordPressをインストールしてPC上で作動する準備ができております。

PCのURL欄に http://localhost と入れると次の画面が出ます。

 

・右下のWordPressロゴをクリックして
順序に従ってインストールして下さい。

・この時インスト-ル先を指示に従いXAMPP ホルダーにして下さい。

 

 

 

WordPressが上手くインストールされたか確認しましょう。
・XAMPPコントロールパネルをonします。 ApacheとMySQLのぶぶんが青くハイライトされましたね。
・URL欄に localhost/wordpress と書き込みます。

 

すると次のように出るはずです。

 

 

 

 

 

 

これが出ればWordPressは使えるようになっております。

これでいよいよPHPの学習ができますので稿を改めて書きます。

PC・HTML別館
W10 ホルダーを共有できない <-- 出来た!

W10を使用しているホームネットワーク内のPC間でholderの共有ができないことが判明。 いろいろ …

PC・HTML別館
まず初めにHTML有りき

WordPressでこのサイトを書いてますが、使っているthemeに不満が有りPHPで修正をしようと …

PC・HTML別館
PC・HTML別館 目次

PC・HTML別館 ・W10 PCのholderの共有ができない <— 出来た!・ …