Pythonの数値操作関数

備忘録替わりです。


#繰上げ、切捨て、四捨五入などの小関数
#shellで使います。

1.数値の四捨五入
  2つのやり方を記載します。

round()関数を使う方法

round(number[, ndigits])

第一引数(number)に四捨五入したい値、第二引数(ndigits)には四捨五入したい小数点以下の桁数を指定します。

第二引数に何も設定しない場合は、その数値に最も近い整数値を返します。使用例を以下に示します。

>>> a=3.141592653589793
>>> round(a)
3
>>> round(a, 1)
3.1
>>> round(a, 2)
3.14
>>> round(a, 3)

>>> a = 3.141592653589793
>>> print(‘{0:.1f}’.format(a))
3.1
>>> print(‘{0:.2f}’.format(a))
3.14
>>> print(‘{0:.3f}’.format(a))
3.142
>>> print(‘{0:.5f}’.format(a))
3.14159

 

2.切り上げ

 import math
 math.ceil(x)

 

3.切り捨て

import matha
math.floor(x)

それぞれ引数xに数値を設定すると、「切り上げ」の場合はその数値の天井(x以上の最小の整数値)、「切り捨て」の場合はその数値の床(x以下の最大の整数値)が返ります。

実行例:

>> import math
>>> a = 3.141592653589793

#切り上げ
>>> math.ceil(a)
 4

#切り捨て
>>> math.floor(a)
 3

まとめ:
数値の四捨五入、切り上げ、切り捨ての方法についてまとめます。

四捨五入: round()関数、format()メソッド
切り上げ、切り捨て: math.ceil()、math.floor()メソッド


四捨五入については、Python2系とPython3系で解釈が異なっているので注意が必要です。

以上

Python小学館
リストのデータを合算する(ブラックジャックに使用する)

トランプのブラックジャック(BJ)を作るための準備として、点数計算用の関数を作ります。BJはdeal …

Python別館
Python検定試験準備 Q37

Python検定試験と云うのがあるらしいと別項に上げましたが、学習して損することは無いので始めて見ま …

Python小学館
リストボックスから選択する

アプリを作るときによくリストボックスから選択したい場合がよく有ります。 忘れがちなのでここ …