Python 1年間のまとめ 制御構文編 ③

制御構文なんて言うと難しく聞こえますが、どの言語にもあるif文/while文/for文などの構文をどう使うかということです。

忘備録代わりですが、すぐ使えるような書き方を心がけます。

スクリプトで入力、出力(print)します。

 

読み易いように追加の記事を先頭に持ってきてます。

 

*******************************************

③ while + continue, break

・continueはプログラムの最初に戻る予約語です。
・breakはそこでプログラムが停止します。
・randint(1, 10)は1から10迄の乱数を発生します。」

import random

global counter
counter = 0 #カウンター初期化

while True:
    ran=random.randint(1, 10)
    print(ran) #debug用
    print()

    x=int(input(“1から10迄の数字を当てて下さい。 5回間違うとexitします。 “))

    #print(counter) #debug用

    if x == ran:
        print(” ” , ran, ” 当たり!”)
        counter = 0
        continue
    elif counter < 4:
        counter +=1
        print(” 外れ、もう一度!”)
    else:
        print(“ 5回外れたので終了します。”)
        break

これをrunすると、次のように間違えるとしっかりと5回目にはゲームオーバーとなりました。

 

======== RESTART: C:\Users\tak11\デスクトップ\while文1.py ========

1から10迄の数字を当てて下さい。 5回間違うとexitします。 1
 外れ、もう一度!

1から10迄の数字を当てて下さい。 5回間違うとexitします。 2
 外れ、もう一度!

1から10迄の数字を当てて下さい。 5回間違うとexitします。 3
 外れ、もう一度!

1から10迄の数字を当てて下さい。 5回間違うとexitします。 4
 外れ、もう一度!

1から10迄の数字を当てて下さい。 5回間違うとexitします。 3
 3 当たり!

1から10迄の数字を当てて下さい。 5回間違うとexitします。 1
 外れ、もう一度!

1から10迄の数字を当てて下さい。 5回間違うとexitします。 2
 外れ、もう一度!

1から10迄の数字を当てて下さい。 5回間違うとexitします。 3
 外れ、もう一度!

1から10迄の数字を当てて下さい。 5回間違うとexitします。 4
 外れ、もう一度!

1から10迄の数字を当てて下さい。 5回間違うとexitします。 5
 5回外れたので終了します。
>>>

 

*******************************************

② while文 

毎回runをしなくても、条件が成立している間は処理を繰り返します。
whileとは「~の間は」という意味です。

また、ある条件ではbreakと云う予約語でプログラムを終わります。

 

コロン(:)の後のindent(字下げ)は必ず半角4文字です。 なのでコロンが出てきたら、次のcodeは4文字分intendして下さい。 その後にまたコロンが出ていきたら再度intendします。 これがPythonの文法です。

while True:
    x=int(input(“所持金はいくらありますか? (所持金が\\100円以下でexit) “))  <–intend 4文字
    if x >= 3000:
       print(“ お寿司にしましょう。”)        <–intendを更に 4文字
    elif x >= 2000:
        print(“ 高級ラーメンにしましょう。”)
    elif x >= 1000:
        print(“ 定食屋へ行こう。”)
    elif x >= 100:
        print(“ コンビニでおにぎり食べよう”)
    else:
        print(“ 今日は昼抜きですね”)
        break
    print()

————————————-

runして金額を入れました。 こうなりました。

====== RESTART: C:\Users\tak11\デスクトップ\if文1.py ========

所持金はいくらありますか? (所持金が\100円以下でexit) 3500
 お寿司にしましょう。

所持金はいくらありますか? (所持金が\100円以下でexit) 2001
 高級ラーメンにしましょう。

所持金はいくらありますか? (所持金が\100円以下でexit) 500
 コンビニでおにぎり食べよう

所持金はいくらありますか? (所持金が\100円以下でexit) 80
 今日は昼抜きですね
>>>

書いた通りに動いておりますね。

*********************************************

① まずif文

基本的な構文はこうなります。

if 条件式1:
    条件式1が正しい時(true)のときに行う処理を書く
elif 条件式2:
    最初の条件に当てはまらないくて、また条件式2が正しいときに行う処理を書く
 条件が多数あるときは、elif条件を追加していく
else:
    全ての条件式に当てはまらない場合に行う処理を書く
 
具体的なcode(所持金額によりランチが決まるプログラム)

x=int(input(“所持金はいくらありますか? “)) #input入力値が整数に直しておく 

if x >= 3000:
    print(“お寿司にしましょう。”)
elif x >= 2000:
    print(“高級ラーメンにしましょう。”)
elif x >= 1000:
    print(“ウドンにしましょう。”):
else:
    print(“コンビニでおにぎり食べよう”)

 

—————————————————————–

これをif文1.pyとしてrunすると下記のようになります。

==== RESTART: C:/Users/tak11/デスクトップ/if文1.py ===

所持金はいくらありますか? 1800
ウドンにしましょう。

>>>

 

続く

 

 

 

Python別館
人工無能俳句作成ソフト (完)

以前Excel VBAで「人工無能俳句作成ソフト」を作りましたが、Pythonでも作ってみました。作 …

Python別館
Python別館 目次

Python別館・人工無能俳句作成ソフト・Yahooのソースをgetする・html解析・スクレイピン …

Python別館
Python スクレイピング- Yahooサイトのソースをget

今までのcodeで殆どどのサイトでもソースが見られますので、それを利用して自分の必要なデータづくりに …