Python returnの働き

Pythonの関数でreturnの使い方が分かりずらかったで、例を挙げて説明します。

# 肥満度を示す体格指数(MBI)を計算するプログラムを作ってみます。

def BMI(体重, 身長):   #自作関数の名前をBMIとする。 体重、身長のデータは後から与えられる(ここではprint関数より)
    bmi = 体重/身長/身長*10000 #計算結果を変数bmiに格納する
    return bmi データを使って計算した結果のbmiをprint()に渡す

print(BMI(58, 160)) #–> 22.65625 returnで受け取ったbmiを表示する

 

流れとしては、関数をまず先に宣言しておき、データ(関数への引数)を貰い計算してその結果をreturnでprint関数へ送っています。

 

 

 

 

 

 

Python小学館
画像表示の基本設定

# canvasとラベルへのpng画像の表示設定# Tak-2-2-list4a.py 10/22/ …

Python小学館
リストから飛び飛びにデータを取得する

リストや辞書からデータを 飛び飛びに取り出したい時に便利な関数# 偶数のみ取り出す filter、l …

Python別館
Python別館 目次

・Pythonで作成したアプリ関連の記事は「Python別館」に、・widgetやその使用方法・それ …