RAWでお化粧

よく写真はJPGで撮って出しが良いと言われます。 確かにその通りだと思いますが、自分の家に居るときに身だしなみを整えるのと同様レタッチでの仕上げも立派なことだと思っております。

撮影者がその写真をどう自分の部屋に飾りたいかだと思います。 では早速身だしなみを整えてみましょう。

写真が小さいので想像も入れて見て下さい。

 

① 蠟梅
 左はRAW原図、右は仕上げ後JPG
 ・よく見る光景ですので、今回は「寒空に咲く蠟梅」という感じに仕上げました。

 

 


 左はRAW原図、右は仕上げ後JPG
 ・RAWのカラーの時からモノクロ用に、背景の青い色や影を整えました。
 ・カラーでもモノクロでも、特にシルエットにする場合は人の重なりを避けます。

 

 

 

 

 

③ すすき
 ・左はRAW原図、右は仕上げ後jpg
 ・原図の色合いも不足で面白くないので、すこしトリミングして
  背景を整えすすきが強調されるように穂先を明るくしました。

 

 

 


④ 塩川滝 
 左はRAW原図、右は仕上げ後jpg
 ・流れを絹のようにしたかったので、ND32のフィルター使用
 ・そのために暗闇に沈んだ背景や橋の赤色を少し明るく持ち上げました。

 

 

 

 

 

 

最初からjpgで撮って出しが撮影時に絵作りが出来るし、素早い撮影ができますのでその方が良いのですが、RAWからモノクロ化の方が諧調とコントラストの調整というのも捨てがたいなと感じました。

 

 

 

 

カメラ別館
桜の園 戸川公園

春の気配満杯の河津桜です。 ❶ 風の大橋をバックに ❷ 少し色合いの違う桜&nb …

カメラ別館
源実朝の首塚

秦野市に「源実朝の首塚」がありますので、蜜を避けて出かけました。 ❶ 首塚の由来   &n …

カメラ別館
カメラ別館 目次 

2021年・桜の園 戸川公園・源実朝の首塚・石雲寺・防災の丘・優雅な野ネコ・モノクロ時代・茜色の光景 …